teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re:拝見しました

 投稿者:きみ  投稿日:2018年 6月13日(水)05時22分34秒
  鈴木さん、おはようございます。ご覧いただきありがとうございます。

富山地方鉄道の純真無垢なレトロ駅たち。切り取った写真を5枚並べてみて最初にもった印象は「色合いが地味だな」。現場では新緑あり、観光客あり、華のある電車もいたのですが、そうしたものをすべて割愛してみると、ただ「止まっている」景色がそこにあるように思います。
「上市」子供のころ味気なく思った真四角なコンクリート造りの建物に最近、郷愁を覚えるようになりました。
「早月加積」貴ブログ参照させていただきました。1時間くらいいたと思いますが、昼時で乗客は誰も来ませんでした。
「下段」ご想像の通り、ここも色々撮りました。
「上滝」ホームに木造待合室もありますからね。地味に「忙しい」駅でした。
 
 

拝見しました

 投稿者:鈴木@途中下車  投稿日:2018年 6月12日(火)20時29分25秒
  きみさん、こんばんは。

「上市」、この駅は新しそうだったので降りたことなかったです。こんないいモノがあったのですね。
「早月加積」、ここはいいですよね。木製のラッチ、木の桟の窓、待合室の木製のベンチ、集札箱、いろいろ撮り甲斐がありますよね。
「下段」、ここもいろいろ見どころがあるなかで、ここに目をつけましたか。こうして切り取られると、傾いた柱、ホームの白線とヒビ、ちょっと生えた雑草等、味があります。
「上滝」、このタイル柱も気が付きませんでした。
 

更新のご案内

 投稿者:きみ  投稿日:2018年 6月 8日(金)06時07分36秒
  トップ5枚の写真を入れ替えました。今回のテーマは「地鉄の駅」
富山地方鉄道では懐かしい木造の駅舎が多く残っており、今年5月に訪問したときは、駅舎巡りがメインテーマとなりました。昭和な雰囲気が伝われば幸いです。

今回もトップのみの更新です。
 

Re:拝見しました

 投稿者:きみ  投稿日:2018年 5月30日(水)05時11分44秒
  鈴木さん、おはようございます。ご覧いただきありがとうございます。

南海の印象派写真がようやく「規定枚数」(笑)に達したのでアップしました。りんくうタウンとか新しい側面を混ぜる考えもありましたが・・。
「発車」ものすごいトリミングしてます。画面全体がボヤっとした感じになって案外効果的かも。
「ギザギザボディー・・」建物の反射光(と思う)で逆光の電車側面が意外に映えることを発見。
「商店街の夕刻」例によって音に聞く撮影でした。電車ってやっぱりデカいですよね。
「旧社紋」諏訪ノ森駅の下りホームにありました。ホームが千鳥配置になっていて、文化財になっている駅舎からは上りホームのみのアクセスになります。
 

拝見しました。

 投稿者:鈴木@途中下車  投稿日:2018年 5月29日(火)21時46分8秒
  きみさん、こんばんは。

南海、都市鉄道としての洗練にたどり着けず、歴史に引っ張られつづけている印象がありますが、きみさんの写真も印象派でまとめましたね。
「発車」、ハイキーがあの閑散としたホームの印象にあっていると思います。
「ギザギザボディーがゆく」、逆光側から車体を光らせコルゲートを印象的に見せています。
「商店街の夕刻」、ヌッと現れた電車の意外な大きさにびっくり。タイミングの難しい撮影ですね。
「旧社紋」、諏訪ノ森のベンチいいですね。ホームにあるのですか?
 

更新のご案内

 投稿者:きみ  投稿日:2018年 5月23日(水)05時39分40秒
  トップ5枚の写真を入れ替えました。今回のテーマは「南海電鉄寸景」
長い歴史をもつ南海電鉄。都市鉄道として21世紀を力強く歩む一方、忘れられたようなノスタルジックな景色が沿線のあちこちに顔をのぞかせます。

今回もトップのみの更新です。
 

更新のご案内

 投稿者:きみ  投稿日:2018年 5月 8日(火)05時04分13秒
  トップ5枚の写真を入れ替えました。今回のテーマは「京急色とりどり」
京急というととにかく赤のイメージが強いですが、このときの同線での撮影では多彩な色の電車をキャッチすることができました。街をゆくカラフルな電車の姿をお楽しみください。

今回もトップのみの更新です。
 

Re:拝見しました

 投稿者:きみ  投稿日:2018年 4月30日(月)06時01分53秒
  鈴木さん、おはようございます。ご覧頂きありがとうございます。

「平原の中に」あぜ道が斜めに交差しています。しゃがんで撮っているのでみえにくいですが、画面左下の線路の中に敷板があるのが見えます。
「産業道路」ほんと残念です。
「細道」遮断機のない踏切です。電車が目立つ色なので楽しい画面になったかなと思っています。
「三重奏」現場で同じことを考えました。提灯式ならこの構造は不要ですね。
「踏切の向こうは」昔、ドリフのネタで箱の中にまた箱というのがありましたが、一般の方が知らずにここを通ったらがっかりするだろうなあと思いました。京急も含めて三回踏切待ちする可能性があるわけで
 

拝見しました。

 投稿者:鈴木@途中下車  投稿日:2018年 4月29日(日)13時25分54秒
  きみさん、こんにちは。
踏切は面白い被写体ですよね。都会の踏切、田舎の踏切それぞれに味があります。

「平原の中に」、真っ青な空、ど真ん中に置いた×印、印象的な構図です。道はどこなの?標識も線路に対し斜めに立っているし。
「産業道路」、交通のネックゆえ地下化の工事も進んでいるのですが、このダイナミックな光景が見られなくなるのは寂しいです。
「細道」、遮断機の内側に柵付きの道があってちょっと変わった構造です。
水色の「めでたいでんしゃ」いい感じですね。
「三重奏」、これは面白いものを見つけましたね。最近の提灯型の警報灯になったらなくなってしまうのでしょうね。
「踏切の向こうは」、奥に電車、中の島に人、手前も接近中、いいタイミングです。
 

更新のご案内

 投稿者:きみ  投稿日:2018年 4月23日(月)06時31分46秒
  トップ5枚の写真を入れ替えました。今回のテーマは「踏切変わりダネ」
線路と道路との交差点である踏切。場所によってさまざまな姿がありますが、作者が撮影した範囲の中で少し変わったものを紹介したいと思います。

今回もトップのみの更新です。
 

レンタル掲示板
/65