teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


更新のご案内

 投稿者:きみ  投稿日:2021年 4月22日(木)06時55分41秒
  トップ5枚の写真を入れ替えました。今回のテーマは「名四間の貨物列車」
「名四」は名古屋~四日市のことで、国道23号線をよく「名四国道」と言ったりしますが、その区間で撮影した貨物列車の記録です。工場が林立する中を貨物は悠然と走ります。

今回もトップのみの更新です。
 
 

更新のご案内

 投稿者:きみ  投稿日:2021年 4月 8日(木)05時32分15秒
  トップ5枚の写真を入れ替えました。今回のテーマは「三岐鉄道1~3月」
今年の入ってから3月までの三岐鉄道の記録です。去年の秋以降、朝6時台の貨物狙いでの訪問が続き、今年に入ってからは少しだけ関西線のDD51を追いかけるついでに、といった具合に訪問を重ねました。今後もあまり気負わずに訪問を重ねていければと思っています。

今回もトップのみの更新です。
 

Re:拝見しました。

 投稿者:きみ  投稿日:2021年 3月31日(水)20時19分41秒
  鈴木さん、こんばんは。ご覧いただきありがとうございます。

5000系、特徴的と思いつつ長らく当たりまえの存在でしたね。子供のころ読んだ鉄道図鑑に通勤車両の一つとして紹介されていた絵を今も記憶しています。

旧塗装も空気のような存在でした。その色の電車しかいない交野線に乗って枚方市で本線に乗り換えるとき、さっそうと通過していく赤いテレビカーに憧れを覚えたものでした。

ギラのカット。この日の古川橋ではレフレックス500mmを片手に来る電車全て撮ってました。当時は5000系よりも丸っこい2600系辺りを本命視してたような・・。
 

拝見しました。

 投稿者:鈴木@途中下車  投稿日:2021年 3月29日(月)19時40分29秒
  きみさん、こんばんは。

50年前の登場時の雑誌記事をみて、角ばった車体とおでこの庇が、いままでの丸っこい京阪と大きくイメージが変わってカッコいいなと思った記憶があります。

旧塗装は好きな色でした。とうとう大津線からも無くなってしまいましたね。

窓とドアがひとつずつ等間隔に並ぶギラのカットがこの電車の特徴をうまく表現してよかったです。
 

更新のご案内

 投稿者:きみ  投稿日:2021年 3月22日(月)20時55分32秒
  トップ5枚の写真を入れ替えました。今回のテーマは「京阪5000系電車」
今年6月で引退がアナウンスされている5000系電車。その独特の思想とスタイルは名車ぞろいの京阪電車群の中でも存在感を放っていました。今回は5000系電車で私なりに記録していた写真を集めてみました。

今回もトップのみの更新です。
 

Re:拝見しました。

 投稿者:きみ  投稿日:2021年 3月11日(木)05時56分14秒
編集済
  鈴木さん、おはようございます。ご覧いただきありがとうございます。
お褒めの言葉をいただき恐縮です。

「淡路にて」この日は鳥撮と兼行でした。ホーム河原町寄りから梅田方を向いて構えるのですが、特に千里線の電車は顔が見えてからシャッターチャンスまでが短いので構内放送に要注意でした。なにせレンズが重いので・・。
「十三にて」きれいな並びにこだわるなら正直「運」だと思います。数秒ずれてもダメなので。窓はおっしゃる通り吊り革が面白いのでこだわってみました。
「鉄橋にて」1枚目は淡路と同じく鳥撮と兼行です。超望遠ハマります。2枚目の並走シーンは大苦戦でした。神戸線の電車がやや遅れるときがシャッターチャンスでそういうパターンが1時間に1~2回程度あると思いましたが、手持ちでファインダーのぞいてしまうと周囲が見えず、並走列車があるため耳で神戸線電車の接近を知ることも難しく(D700の連写可能時間が2秒程度ですが、その2秒に収めることができなかった)。結局、ノーファインダーで撮影できないとダメという結論になり、再撮時は足場の狭さから一脚でいろいろ工夫してカメラを固定しました。
「中津」カメラを地面近くまで下げてノーファインダー撮影です。トリミングなしで使える絵ができたことは意外でした。
「扉の向こう側」確かにご指摘の通り白いガラス押えが効いています。言われて気づきました。
 

拝見しました。

 投稿者:鈴木@途中下車  投稿日:2021年 3月10日(水)19時41分19秒
  きみさん、こんばんは。
う~ん、どれも思わず唸ってしまうほどカッコいい。
こういう切り取りかた、好きだわ。

「淡路にて」、望遠で圧縮するとこんなダイナミックな絵が撮れるとは。
「十三にて」、十三まで3本並びで来るのはどれくらいの確立なんでしょう。
阪急窓、パッと見で吊革が何本も写っているのでわざとブラして撮ったのかと思ったのですが、実景でしたか。(笑)面白い視点です。
「鉄橋にて」、一枚目のゴチャゴチャした感じ、たまりません。
二枚目、こういう撮り方があったか!京都線が一段上を走っているのが効いてますね。
「中津にて」、14mmによる強調でこのホームの特徴が出ていますね。
これではホームドアも付けられませんね。
「扉の向こう側」、これも面白い。マルーン一色に白いガラス押えなのも窓に視線を引き付けるのに効果的です。
 

更新のご案内

 投稿者:きみ  投稿日:2021年 3月 8日(月)06時34分33秒
  トップ5枚の写真を入れ替えました。今回のテーマは「阪急、淡路~梅田間」
梅田から淡路ということで、やや中途半端な区間設定となりましたが、いずれも特徴ある駅で間には淀川橋梁という見どころもあり、最近の撮影でそれらしい記録が残せたと思うので紹介させていただきます。

今回もトップのみの更新です。
 

Re:拝見しました。

 投稿者:きみ  投稿日:2021年 3月 1日(月)20時40分30秒
編集済
  鈴木さん、こんばんは。ご覧いただきありがとうございます。

DDはすでに日曜日の運行はなく、有名撮影地は当該列車が走るときは相当の人出になっているようです。2月中、実は何度か足を運びまして日曜日に変則パターンでDDが入った等の理由で割と人に揉まれずに撮影できましたが、それにしてもDFでくる時はぱったり人がおらず、普段そういう撮影をしない私からすると皆さまの調査能力に脱帽の感ありです。

「河川敷の夕暮れ」鷺(かな?)ですが、電柱の上にいて電車がきても逃げないのに貨物のときは振動が違うのか飛び出しました。
「富田駅」この木造跨線橋に割と最近まで「宇賀渓へ、三岐鉄道」といい雰囲気のカンバンがあったのですが、その記録は間に合いませんでした。
「四日市港線」何度となく撮った跳ね上げ橋の写真の中でも、すぐに思い出すものの一つです。
「塩浜線」今回はDDをテーマにしていますが、夜の入換風景は箱型ボディーの前面に電球色ライト4つを備えるDF200の方が印象的と思います。機回しの時タンクを照らすのが美しく思えてDD撮影のついでに2~3度訪れました。
 

拝見しました。

 投稿者:鈴木@途中下車  投稿日:2021年 2月28日(日)21時18分18秒
  きみさん、こんばんは。

愛知のDDもいよいよラストですか。
背景の工業地帯、構内扱いの運行、通票、可動橋、さらに重連運用と多くの特徴がありましたね。

「河川敷の夕暮れ」、夕焼けが美しいです。電柱上の鷺もいいですね。
「富田駅」、木造の跨線橋が印象的でした。
「四日市港線」、一枚目は爽やかですね。雲と雲の切れ間にたなびく煙突の白煙もいい感じです。
「塩浜線」、関東では根岸でも見られるのですが、構内照明に照らされた夜のタンク車の輝きは美しいです。
 

レンタル掲示板
/83