teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:270/4970 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

天皇退位皇太子に譲位2019年1月1日構想

 投稿者:  投稿日:2017年 1月13日(金)22時03分51秒
  通報
   1月11日、大手新聞6紙が天皇陛下が退位し、皇太子に譲位する形で即位する日程に2019年1月1日構想が浮上したと一斉に報道した。
仮に、2019年1月なら、2019年11月に即位の礼と大嘗祭が執行され、2020年7月に開催される第二次東京五輪大会運営にも影響が出るようだ。

 造幣局は2020年第二次東京五輪・パラリンピック大会の記念硬貨の製作に着手しようとする矢先に、皇太子(徳仁)が即位する即位記念硬貨の製作に着手しなければならなくなった。
2012年英国第三次ロンドン五輪パラリンピック大会で英国王立造幣局が約90種類の記念硬貨、2016年ブラジルリオ五輪パラリンピック大会では、ブラジル国立造幣局が約40種類の記念硬貨を発行した。
2020年第二次東京五輪・パラリンピック大会の記念硬貨の種類が少なくなる可能性が出てきた。

また、2018年には明治維新150年式典も予定されている。
もし、2019年1月1日に元号改元なら、2019年の平成31年は消滅する。硬貨を収集する愛好家にとっては、落胆の声も多いだろう。

2018年11月即位した場合、
2018[平成30年][○○元年]
2019[○○2年]

2019年1月1日に即位した場合

2018年[平成30年]
2019年[○○元年]

となり、平成31年が存在しない。

1989年(昭和64年)1月7日昭和天皇が崩御した時、1989年1月8日に元号が「平成」に改元された。

昭和64年銘の硬貨は1円硬貨、5円硬貨、10円硬貨、500円硬貨の4種類が発行され、50円硬貨と100円硬貨は発行されなかった。
 
 
》記事一覧表示

新着順:270/4970 《前のページ | 次のページ》
/4970