teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


クレジットカード現金化

 投稿者:クレジットカード現金化  投稿日:2015年 4月19日(日)13時20分36秒
返信・引用
  クレジットカード現金化
クレジットカード現金化口コミ掲示板

http://6908.teacup.com/genkinka/bbs

 
 

日本臨床徒手医学協会、東北イントロダクションセミナーの案内

 投稿者:盛 允彦  投稿日:2013年 8月18日(日)19時47分48秒
返信・引用 編集済
  服部先生、川崎先生お元気ですか?

 iMMSJの案内をさせて下さい!!!

  ミスター臨床家・荒木秀明先生が代表されています「日本臨床徒手医学協会(iMMSJ)」の講習会を当院で開催して頂く運びとなりました。
  東北地区でのステップアップ方式での定期的講習会を開催するにあたり、今回の講習会ではコース紹介を兼ねたイントロダクションセミナーを開催して頂きます。

 以下に詳細を記載致します。奮ってご参加ください!

                              日本臨床徒手医学協会(iMMSJ)
                        イントロダクションセミナー in 東北
                                       ご案内

  日本臨床徒手医学協会(integrated Manual Medicine Society Japan;iMMSJ)は「痛みのコントロールのプロを目指す徒手医学」をテーマにしています。当協会では徒手医学やマニュアルセラピーに全く経験の無い方にも、安心して理解しやすいような基礎、アドバンス、テクニカルコースからなるステップアップ方式の講習会形式で、今年8月より九州、関西、関東、そして北海道地区での定期的講習会開催が決定しました。
  今回、東北地区での講習会開催に当たり、コース紹介を兼ねてアドバンスコースのダイジェスト版「イントロダクションセミナー」を下記のとおり開催いたしますので、ご案内申し上げます。是非、この機会に「10年、20年経っても、決して色褪せない徒手医学」触れてみてください。
ご多用中とは存じますが、お繰り合わせの上、ご参加下さいますようお願い申し上げます。

                    記
日時 1回目 平成25年9月22日(日曜)午前10:00~午後15:00まで
   2回目 平成25年9月23日(月曜)午前10:00~午後15:00まで
   *両日とも同様の内容ですので、都合の良い日程をご選択下さい
会場 浅沼整形外科(www.asanuma-clinic.jp/)
      982-0011 宮城県仙台市太白区長町4丁目7-12TEL:022-247-7533
内容 「非特異的腰痛症の病態運動学と積極的安定化運動の実際」
講師 荒木秀明(日本臨床徒手医学協会 代表)
定員 30名程度
会費 5000円
申込 Home Page(http://www.immsj-seminar.info.)から申し込みお願いします





http://www.immsj-seminar.info.

 

講習会ご案内

 投稿者:Q.o.A.A.弦巻  投稿日:2013年 8月13日(火)22時11分17秒
返信・引用
     服部先生、川崎先生いつもお世話になっております。

第27回Q.o.A.A.講習会の案内をさせて下さい。

BiNIアプローチのセオリー

~ケーススタディからみえてくる動作の捉え方~
セオリーに関しては神経システムを中心に学びます。
実際の患者さんの動画(中枢疾患・整形疾患)を持ってきていただき臨床での動作の診方やどのように介入するのかを学びたいと思います。

講師:飯山赤十字病院  山岸 茂則 先生

日時:平成25年9月28日 (土) 13:00~18:00
         29日 (日)  9:00~16:00
※受付開始30分前~

会場: 後藤整形外科 パワーリハビリテーションさくら
     〒960-0102   福島市鎌田字門丈壇10-10  (JR東福島駅 徒歩10分)


※現在調整中ですので変更の場合あり
※駐車場は御座いますので係員の指示に従って駐車して下さい。

参加費:9,000円

懇親会:9月28日 福島駅前にて開催(予定) 予算~4,000円

申し込み方法:①氏名②所属③職種④経験年数⑤電話番号⑥メールアドレス⑦懇親会出欠⑦領収書有無を記載し,
       件名:「第27回 Q.o.A.A. 講習会参加希望」にて
        qoaa_open@yahoo.co.jpまでお申し込み下さい。
              ※受講の可否に関しては8/20以後にご連絡申し上げます。
       ※9/1を過ぎても連絡がない場合,再度確認のご連絡をお願い申し上げます。


締め切り:H25.9.7(土)
      ※定員となり次第終了

問い合わせ先:Q.o.A.A. 第27回 コース・コーディネーター  弦巻 馨
              Mail:qoaa@mail.goo.ne.jp
                       TEL: 080-6056-1653
 

(無題)

 投稿者:Q.o.A.A.弦巻  投稿日:2013年 6月23日(日)04時10分41秒
返信・引用
  服部先生、川崎先生いつもお世話になっております。

第24回講習会の案内をさせて下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


第24回 Q.o.A.A. 講習会

『ニューロサイエンスと認知神経リハビリテーション』



日時:H25.7.27(土) 14:00~18:00 (受付け 30分前~)
      H25.7.28(日)   9:00~調整中 (受付け 30分前~)
   ※7/27(土)に信迫先生を囲んで懇親会を行います。


プログラム:「運動と認知と意識経験のニューロサイエンス」
            「高次脳機能のニューロサイエンスと認知神経リハビリテーション」
      「慢性疼痛に対するニューロリハビリテーション」
      「認知神経リハビリテーション症例報告」
      ※講義の進行状況により内容が変更すろことが御座います。


講師:東大阪山路病院
   畿央大学ニューロリハビリテーション研究センター  信迫 悟志 先生




<講師ご略歴>

2008年~現在 医療法人孟仁会東大阪山路病院 理学療法士 主任

2012年      畿央大学大学院健康科学研究科博士課程修了 博士(健康科学)

2012年~現在 畿央大学大学院健康科学研究科 客員講師

2013年~現在 畿央大学ニューロリハビリテーション研究センター 客員研究員


研究分野

脳卒中後の運動麻痺,高次脳機能障害,および慢性疼痛に関する神経科学的研究と臨床研究


著書

皮質連合野障害に対するクリニカルリーズニング,標準理学療法学専門分野神経理学療法学,医学書院,2013(分担)

身体表象の神経基盤,イメージの科学,三輪書店,2012(分担)



会場:未定

定員: 50名程度

受講料: 6,000円(学生:1,000円)
          懇親会:~5,000円 (福島駅前周辺)


申し込み方法:氏名、所属、職種、経験年数、電話番号、PCアドレス、懇親会の出欠を明記の上,件名:「第24回 Q.o.A.A. 講習会参加希望」にてqoaa_open@yahoo.co.jpまでお申し込み下さい。


締め切り:2013年 7月 5日(金)
     ※受講の可否に関しては6/22以降にご連絡致します。

       6/30を過ぎても連絡がない場合,確認のご連絡をお願い申し上げます。


問い合わせ先:Q.o.A.A. 代表 東海林崇弘
                             Mail:qoaa@mail.goo.ne.jp
                             TEL:080-6056-1653                    
 

講習会ご案内

 投稿者:Q.o.A.A.東海林  投稿日:2013年 2月13日(水)00時37分50秒
返信・引用
  いつもお世話になっております。

第20回講習会の案内をさせて下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

                                  『環境や身体感覚が運動/行為に及ぼす影響』

環境や視覚と体性感覚という感覚統合が我々の身体運動や行為にどのような影響を及ぼしているのかについてを実技を行いながら学習・体感していきます。
また、より発展的に臨床応用を可能とするため介入についての検討や実際の症例を交えてのデモンストレーションを予定しております。


講師: 藤田保健衛生大学  冨田 昌夫 先生

略歴 :1968年 茨城大学工学部電子工学科 卒業
    1975年 国立療養所東京病院附属リハビリテーション学院理学療法科 卒業
    1975年 神奈川リハビリテーション病院 勤務
    1981年 スイス バレンツ病院 勤務
    1986年 神奈川リハビリテーション病院 勤務
    2003年 藤田保健衛生大学衛生学部看護学科 教授
    2004年 藤田保健衛生大学衛生学部リハビリテーション学科 教授
    2008年 藤田保健衛生大学医療科学部リハビリテーション学科 教授
    2012年 藤田保健衛生大学医療科学部リハビリテーション学科 退官
           客員教授就任
         現在に至る


主な著書:ライトインザミドル 成人片麻痺の選択的な体幹活動
                  著:P.M. デービス 監訳: 冨田 昌夫 訳:額谷 一夫
     ステップス・トゥ・フォロー 改訂第2版
                  著:P.M. デービス 監訳:冨田 昌夫 訳: 額谷 一夫
       PT・OTのためのOSCE
                  監修:才藤 栄一 編集:金田 嘉清、冨田 昌夫、 澤 俊二
     パーセプション―発達の根源から言語の発見まで
                  著:F.D. アフォルター 監訳: 冨田 昌夫 訳:額谷 一夫
     その他論文多数

受賞:第15回日本理学療法士学会学会奨励賞
.    第26回日本理学療法士学会学会奨励賞
   神奈川県総合リハビリテーション事業団業績賞
   第29回日本理学療法士学会学会長賞
   神奈川県知事保健衛生賞

日時:H25.3.23 (土) 10:00~18:00 (受付 9:30~)
     H25.3.24 (日)   9:30~17:00    (受付 9:00~)
   ※講習会初日(3/23)終了後、冨田先生を囲んでの懇親会を行います。

会場: 福島看護専門学校  (予定)
   〒960‐8031福島県福島市栄町1番37号  (JR福島駅 徒歩10分)
    HP:http://www.fukushima-kango.jp/

定員: 50名程度

受講料:15,000円 学生 5000円
    ※無料(福島県沿岸部で被災された方)
    懇親会 : ~4,000円 (福島駅前周辺)
申し込み方法:氏名、所属、職種、経験年数、PCアドレス、電話番号、領収書の有無、懇親会の出欠を明記の上、q-open@mail.goo.ne.jpまでお申し込み下さい。
※受講の可否に関しては2/20以降にご連絡致します。
       ※3/5過ぎてもご連絡がない場合,確認の連絡を頂ければ幸いです。

締 め 切 り :3月1日(金)

問い合わせ先:Q.o.A.A 代表 東海林崇弘   Mail:qoaa@mail.goo.ne.jp
                         TEL:080-6056-1653


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 

IRAテクニックインフォメーションセミナーの案内。

 投稿者:IRA 太田熱海 渡邉  投稿日:2012年10月26日(金)23時28分41秒
返信・引用
  フィジオ.net福島 服部 和彦 先生

いつもお世話になっております。
セミナーの案内を掲載させてください。

****************************************
【IRAテクニックインフォメーションセミナー】

日々、臨床の中で「骨盤は人体の土台(地盤)」に例えられるように、
「脊柱は人体の大黒柱」として考えなければなりません。

その中で骨盤や脊柱を細かく評価治療せずに患者さんの身体を診る事は、
土台や柱が歪んだ家を、基礎や柱を直さず、外壁や窓枠を修理することになります。

今回のセミナーでは、IRAテクニックのコンセプトと骨盤と脊柱の評価を学ぶことができます。
・骨盤、脊柱の歪みの全身への影響。筋連鎖の確認。
・骨構造的安定性の改善・神経圧迫の改善
・脳脊髄液環流を改善・骨格系由来の頸部、背部、腰部痛の改善
・体幹運動の円滑化(運動感覚の改善)

このような事を踏まえて、
今回、骨盤と脊柱の評価と治療方法を臨床に役立つセミナーとして開催いたし
ます。是非ご参加くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

                   記
場 所   :福島県総合療育センター 2階 講堂
日 時 :平成24年12月9日(日) 骨盤の評価と治療デモ 9:30~12:00
                    脊柱の評価と治療デモ 13:00~15:30
                                 (計6時間)
定 員:20名 (定員になり次第締め切らせていただきます。)
受講料:4,000円(税込み)
講 師: 渡邉 哲  (IRA研究会認定インストラクター 太田熱海病院 理学療法士)

申込み方法:1名前、2所属、3職種、経験年数、4当日連絡が取れる携帯番号、5E-mailアドレス(パソコン用)を
もれなく記入の上、ira.fukushima@gmailcomまで、事務局の高橋までご連絡ください。


***********************************************

以上です。

よろしくお願いいたします。

IRA研究会 認定インストラクター 東北支部 福島支部長 太田熱海病院 理学療法士 渡邉 哲 

http://www.ira2011.com/

 

朝霞 ・ 川口保健所 所長 尾嵜新平 天下り

 投稿者:朝霞 ・ 川口保健所 所長 尾嵜新平 天下り  投稿日:2012年10月 3日(水)19時41分21秒
返信・引用
  朝霞保健所 兼 川口保健所 所長 尾嵜新平、処分を受けたにもかかわらず、
厚生労働省から、みずほ銀行へ 天下り。
( 読売新聞社:2002/04/03 03:14、 朝日新聞 2004 03/24 21:56 )

処分をうけたにもかかわらず天下りをするような人間は、子供たちの生命や健康にかかわる仕事をすべきではない。
即刻、解雇すべきでしょう。

朝霞保健所
〒351-0016 埼玉県朝霞市青葉台一丁目10番5号 電話048-461-0468

川口保健所
〒333-0842 川口市前川1丁目11番1号 代表 Tel:048-262-6111

埼玉県庁
〒330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-15-1  Tel:048-824-2111

引用:
http://ameblo.jp/corruptionjapan/
http://www.city.kawaguchi.lg.jp/ctg/20050041/20050041.html
http://www.pref.saitama.lg.jp/uploaded/attachment/437420.pdf
http://www.play21.jp/board/formz.cgi?action=quote&resno=4402&id=kosodate&quo=44021315310392&lognum=12




以下、引用

BSE調査報告「農水省に重大な失政」[読売新聞社:2002/04/03 03:14]

 BSE(牛海綿状脳症=狂牛病)問題の行政対応を検証する調査検討委員会(農水、厚生労働両大臣の私的諮問機関、委員長・高橋正郎女子栄養大大学院客員教授)は2日午後、農水省の過去の対応を「重大な失政」などとし、両省に「連携不足」があったとする最終報告書をまとめ、武部農相、坂口厚労相に提出した。両大臣はこれを受け、自らの給与を一部返納するとともに、幹部の減給など計16人の処分を発表した。

 農相は「今後とも農水省改革に取り組む」と述べ、当面辞任する考えがないことを明らかにした。一方、小泉首相は同日、食品安全確保に関する新たな法整備や行政組織を設置するための関係閣僚会議を設けて今夏をめどに具体案を作成するよう両大臣に指示した。

 報告書は、1996年に感染源とされる肉骨粉の牛への使用禁止を行政指導にとどめた点を「重大な失政といわざるをえない」と断じ、BSE発生の可能性を警告しようとした欧州連合(EU)の評価を昨年6月に無視したことについて、「政策判断の間違いだった」などと指摘、過去の行政対応を厳しく批判した。

 さらに、農水、厚労両省の連携について、「農水省は厚労省との十分な協議を行わず、厚労省は明確に意見を言わなかった」と縦割り行政の弊害をあげたうえで、「常に生産者の目先の利害を政策判断の基準にしてきた」とした農水省への権限集中がチェック機能の不在を招き、「最悪の結果を招いた」と断じた。

 そのうえで、「消費者保護」を基本とした食品の安全を確保するため、新たな法律の制定や、欧州の食品安全機関を参考に、健康に悪影響を及ぼす危険性を科学的に評価する「リスク評価」機能を中心とした食品安全行政機関の設置を求め、「政府は半年をめどに成案を得て、必要な措置を講じるべきだ」と提言した。

 しかし、原案で「農水省の政策決定に最も大きな影響を与えている」と言及した「自民党を中心とした農水族議員」の表記が、「政治家の関与については委員会で議論されておらず、具体的な資料も提出されていない」との理由で、「国会議員、とりわけ農林関係議員」という表現に後退した。また、「政と官の癒着が政策決定の不透明性を助長してきた」との表現も「政と官の関係」などの記述に改められた。

 ◆農水、厚労両省が計16人を処分◆ 武部農相が2日発表した処分は、渡辺好明次官ら幹部12人を1―2か月の減給とする懲戒処分のほか、1月に退職した幹部職員の報酬などの自主返納、須賀田菊仁生産局長ら2人を事実上の注意処分に当たる訓告という内容になった。



 処分の対象は、英国でBSEが急増した1990年以降に対策にかかわった当時に、課長以上だった現職と、現在の管理責任者。 渡辺次官、竹中美晴農水審議官、田原文夫官房長、小林芳雄総括審議官の4人が減給2か月(10分の2)に、川村秀三郎経営局長ら8人が減給1か月(10分の1)となった。



また、武部農相が農相として受け取る給与の6か月分(約200万円)、遠藤武彦副大臣が3か月分(約96万円)をそれぞれ自主返納することも明らかにされた。このほか、肉骨粉の規制を行政指導にとどめた96年当時の畜産局長で、今年1月に退任した熊沢英昭前次官と永村武美前畜産部長のOB2人から現役時代の給与返上の申し入れがあり、計218万円が返納されることになった。



 厚生労働省では、近藤純五郎次官と 尾崎新平 食品保健部長 が文書による厳重注意処分を受けた。坂口厚労相も、厚労相として受け取る給与を2か月(約40万円)、近藤次官と尾崎部長が俸給の10%を1か月、自主返納する。



------------------------------------------------------------------------


天下り、昨年は課長・室長以上は78件 前年より増 [朝日新聞 2004 03/24 21:56)]

人事院は24日、03年に民間企業に再就職した国家公務員に関する年次報告(天下り白書)を国会と内閣に提出した。

人事院が審査・承認する課長・室長級以上の天下りは78件で、前年より19件増えた。就職に至る経緯では、「官のあっせん、仲介」が56%にあたる44件で最も多く、以下、「自発的就職活動、知人の紹介」21件(27%)、日本経団連と人事院の仲介による「公正な人材活用システム」9件(12%)だった。



省庁別に見ると、財務省が13件で最も多く、経産省11件、国土交通省・国税庁各9件と続く。課長・室長級以上の天下りは97年に119件あったが、その後は承認基準が厳しくなったため、2けた台に収まっている。一方、各省庁が承認する課長・室長級に満たない職員の天下り件数は731件で、前年より6件増えている。





 《03年の主な天下り(敬称略)》



省庁   氏名    最終官職        再就職先



内閣府 小林勇造  審議官           野村総合研究所顧問

警察庁 秋山征司  情報通信局長 東京電力情報通信事業部顧問

      小堀豊   九州管区警察局長  東京航空計器顧問

金融庁 木戸久男  検査局検査監理官  産業再生機構コンプライアンス室長

法務省 樋口昭吉  官房厚生管理官 松下電器産業パナソニックシステムソリューションズ社顧問

財務省 筑紫勝麿  造幣局長        サントリー顧問・同常務

     浦西友義  官房参事官       東京証券取引所執行役員

     矢野和之  中国財務局長     エクセル会長

     小野修一  沖縄地区税関長    三菱倉庫横浜支店顧問

国税庁 余田幹男  徴収部長        ダイナシティ監査役


厚労省 尾嵜新平  食品保健部長     みずほ銀行顧問(医師)



       堀之内敬  九州厚生局長      ジブラルタ生命保険顧問

       岩田喜美枝 雇用均等・児童家庭  資生堂顧問局長

農水省 谷萩真一  北陸農政局長      海外貨物検査管理部参与

経産省 浦嶋将年  内閣府官房審議官   鹿島企画本部経営戦略室長

      川口幸男  中小企業庁経営支援  住友金属鉱山技師長部長

      沖田誠治  四国経済産業局長   神戸製鋼所開発企画部長

      安達俊雄  内閣府政策統括官   シャープ理事 資源エネルギー庁

       河野博文  長官     ソニー社外取締役、タジマツール監査役

特許庁 太田信一郎 長官           損害保険ジャパン顧問

     釼持和雄  国際出願課長      NTTデータテクノロジ・システム統制部担当部長

     木村育郎  会計課長         富士電機技術企画部理事

国交省  新村長正 福岡航空交通管制部長 福岡給油施設福岡空港事業所顧問

海上保安庁 尾崎誠一 首席監察官     三菱電機社会インフラ事業本部嘱託

 

講習会のお知らせ

 投稿者:Q.o.A.A 東海林  投稿日:2012年10月 1日(月)12時52分33秒
返信・引用
  服部先生、川崎先生いつもお世話になっております。

第19回講習会の案内をさせて下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

                      『姿勢の診かたと介入』 -上肢帯と上肢-


残暑の候,皆様におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。また,平素より格別なご高配を賜り ,厚く御礼申し上げます。
 さて、今回は昨年の下肢編に引き続き首都大学東京 健康福祉学部理学療法学科 竹井 仁 先生をお迎えして「姿勢の診かたと介入」と題し、姿勢に影響を及ぼす筋のインバランス等の要因を知り、その評価と介入について、上肢帯と上肢を中心に実技を交え講習会を開催いたします。


                               記

講師:首都大学東京 竹井 仁 先生

日時:H23.11.3(土) 10:00~18:00 (受付け=9:30~)
       4(日)  9:30~16:00 (受付け=9:00~)
※初日講習会終了後、竹井先生を囲んでの懇親会を予定しております。

会場:後藤整形外科 (JR東福島駅 徒歩10分)

受講料:   13,000円
懇親会費: ~4,000円程度

申し込み方法:氏名、所属、職種、経験年数、PCアドレス、電話番号、懇親会の出欠を明記の上、
       q-open@mail.goo.ne.jpまでお申し込み下さい。
       ※受講の可否に関しては10/15以降にご連絡致します。

締 め 切 り :2012年10月25日(木)

問い合わせ先:Q.o.A.A 代表 東海林崇弘   Mail:qoaa@mail.goo.ne.jp
                      TEL:080-6056-1653

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

以上です。よろしくお願いします。


 

講習会のお知らせ

 投稿者:Q.o.A.A 東海林  投稿日:2012年 8月31日(金)22時17分8秒
返信・引用
  服部先生、川崎先生いつもお世話になっております。

第18回講習会の案内をさせてください。
今回は昨年に引き続き、畿央大学 森岡 周 先生をお招きし講習会が決定しました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


                  『ニューロリハビリテーションからみた姿勢制御と歩行』


 残暑の候,皆様におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。また,平素より格別なご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 さて,この度『ニューロリハビリテーションからみた姿勢制御と歩行』というテーマで畿央大学 森岡 周 先生をお招きし講習会を開催いたします。
 我々が,当たり前に行なっている安定した姿勢や協調した歩行がどのような神経メカニズムによって提供されていることを理解することは,臨床における介入をより深くしてくれるものと考えます。。
 ご多忙中とは存じますが,万障お繰り越しの上,ご参加下さいますようお願い申し上げます。


                              記


講師:畿央大学 健康科学部理学療法学科教授
         大学院健康科学研究科主任       森岡 周 先生


日時:H24.10.7 (日)  9:30~14:30  (受付 9:15~)
    ※講習会前日(10/6)森岡先生を囲んでの懇親会を行います。

9:15~        受付け
9:30~12:00    講習
12:00~13:00   昼食
13:00~14:30  講習

会場: 福島看護専門学校
     〒960‐8031福島県福島市栄町1番37号  (JR福島駅 徒歩10分)
     HP:http://www.fukushima-kango.jp/

受講料: 6,000円 (学生=3,000円)
懇親会:~4,000円 (福島駅周辺)


申し込み方法:氏名、所属、職種、経験年数、PCアドレス、電話番号、懇親会の出欠を明記の上、
       q-open@mail.goo.ne.jpまでお申し込み下さい。
※受講の可否に関しては9/18以降にご連絡致します。

締 め 切 り :9月28日(金)

問い合わせ先:Q.o.A.A 代表 東海林崇弘   Mail:qoaa@mail.goo.ne.jp
                      TEL:080-6056-1653


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


よろしくお願いします。
 

講習会&前夜祭のお知らせ

 投稿者:Q.o.A.A 東海林  投稿日:2012年 8月 8日(水)13時53分43秒
返信・引用
  服部先生、川崎先生いつもお世話になっております。

フラぷらもお疲れ様でした!!
全国の熱い先生方との交流を通じ、多くの力を頂きました。
力不足であったと思いますが、私たちもスタッフとして参加させて頂き貴重な経験をさせて頂きました。ありがとう御座いました!!

さて、今回、吉尾雅春先生と山本澄子先生をお迎えした講習会が決定いたしました。
とてもspecialな内容で我々もワク×10しております。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

第17回 Q.o.A.A special 講習会

                                             『 歩行のとらえ方』

 盛夏の候,皆様におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。また,平素より格別なご高配を賜り ,厚く御礼申し上げます。
 さて,この度『歩行のとらえ方』というテーマで千里リハビリテーション病院-副院長 吉尾雅春先生/国際医療福祉大学大学院福祉援助工学分野-教授 山本澄子先生をお招きし,当研究会special 講習会を下記の通り開催いたします。
 ご多忙中とは存じますが,万障お繰り越しの上,ご参加下さいますようお願い申し上げます。


                            記

テーマ及び講師:『臨床における歩行のとらえ方と介入について』
         千里リハビリテーション病院         副院長   吉尾 雅春 先生

            『バイオメカニクス的視点からみた歩行のとらえ方』
          国際医療福祉大学大学院福祉援助工学分野   教授      山本 澄子 先生

日時:H24.9.16 (日)  9:30~17:40   (受付 9:00~)
            17 (月)  9:15~16:00    (受付 8:50~)
    ※講習会初日(9/16)終了後、吉尾先生/山本先生を囲んでの懇親会を行います。

9/16(日): 9:00         受付け
       9:30~12:30    講習 (~山本澄子先生)
        12:30~13:30   昼食
        13:30~16:00   講習
        16:00~16:10   休憩
        16:10~17:40   講習 (~吉尾雅春先生)

        19:00~      懇親会

9/17(月):   8:50~      受付け
         9:15~12:15  講習
         12:15~13:15  昼食
         13:15~14:15  講習
         14:15~14:30  休憩/会場準備
         14:30~16:00  special対談
                     ~理学療法士+工学者が出会ったら~

会場:   福島看護専門学校
     〒960‐8031福島県福島市栄町1番37号  (JR福島駅 徒歩10分)
     HP:http://www.fukushima-kango.jp/

定員:   50名程度(申し込み多数の場合選考とさせて頂きます。)

受講料:  15,000円 学生 5000円
       懇親会 : ~4,000円 (福島駅周辺)


申し込み方法:氏名、所属、職種、経験年数、PCアドレス、電話番号、懇親会の出欠を明記の上、
       q-open@mail.goo.ne.jpまでお申し込み下さい。
              ※受講の可否に関しては8/20以降にご連絡致します。

締  め  切  り :9月5日(水)

問い合わせ先:Q.o.A.A 代表 東海林崇弘   Mail:qoaa@mail.goo.ne.jp
                         TEL:080-6056-1653

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※.本講習会の前夜祭として9/15(土)に『麦秋の宴』と題しナイトセミナーを企画しております。
  テーマ『潜在的能力の顕在化』
  時間:18:30~21:20
   美味しい料理とお酒を楽しみながら秋の夜長を吉尾先生/山本先生と共に過ごしませんか?
   本コースのみの参加も可能です。
   勤務等でなかなかセミナーに出られない方もどうぞご検討下さい。
   詳細は事務局までお気軽にお問い合わせ下さい。

 

レンタル掲示板
/19