teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


re:東京でのOCDの会

 投稿者:チョコメール  投稿日:2009年 1月28日(水)10時05分44秒
  >来られる方にはOCDの会へのご入会をお願いする予定(でよかったでしょうか?)。

会への入会が、東京の会に参加する際の必ずしもの条件にはならないようにしたいと思います。
気軽に会に参加していただき、今日は来てよかったと思える、そんな会にしたいと思っています。
 
 

東京でのOCDの会

 投稿者:おかじまメール  投稿日:2009年 1月27日(火)23時54分6秒
   月例会という形ではなく,不定期に原井先生が東京方面への出張のついでに集まれる人は集まるのような東京OCDの会ができるようです。

 次回の集合場所と時間は,JR飯田橋駅に隣接するセントラルプラザという建物の10階にあるプラザで2月14日の10~12時に話し合いをする予定です。参加費は無料ですが,来られる方にはOCDの会へのご入会をお願いする予定(でよかったでしょうか?)。
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

お問い合わせは,そのうちHPなどでお知らせしていくようになるでしょう。楽しみにお待ちください。
 

掲示板のルール変更

 投稿者:OCDの会事務局メール  投稿日:2009年 1月22日(木)11時56分9秒
  皆様、いつも当会の活動にご賛同いただきありがとうございます。
先日より、必ず投稿の度に毎回メールアドレスを開示していただくことに変更となりました。
「各掲示板入り口」→「掲示板について」を一度お読みください。
尚、アドレスは掲示板には表示されませんのでご安心ください。
ルールを守っていただけない投稿につきましては、削除いたします。
携帯電話で掲示板を直接ブックマーク登録なさっている方には規則変更のお知らせが届かずご迷惑をおかけするかもしれませんが、なにとぞご了承ください。

    OCDの会 世話人一同
 

東京OCDの会

 投稿者:こころメール  投稿日:2009年 1月18日(日)16時14分44秒
  東京近辺に会はないのですかと言う問い合わせが時々ありますので、大歓迎です。良いですね。

で、大阪は・・・どうでしょうか?

熊本まで行かなくても地元で同じような方々と情報や手立てを共に話し合えるって、家族としては力を得られます。でも、熊本まで行くことがリフレッシュにもなっていました。私の場合ですが。
 

Re: 東京の会

 投稿者:アラワンメール  投稿日:2009年 1月16日(金)11時53分35秒
  原井先生は書きました:
> 熊本の会とは別にではなく,現在のOCDの会の世話人が熊本にいる

私は異議なしです。
 

OCDの会

 投稿者:みうらメール  投稿日:2009年 1月14日(水)21時11分44秒
  12月の市民フォーラムの折のオープンミーティングで、東京圏の方々にお目にかかりました。皆さん定期的な会を望まれていたようです。東京の会の立ち上げは朗報ですね。

>熊本の会とは別にではなく,現在のOCDの会の世話人が熊本にいる
>今の世話人が,市民フォーラム,研修会を行う,ホームページの管理,
>そうしたことを行うサービスオフィスを組織しているという感じです

OCDの会がOCF(米国OCDの会)のようになりつつあると考えてよいでしょうか。
OCFが今の組織になるまでに20年かかったということです。
こちらのペースはそれよりハイペースですね、すごい。
 

東京の会

 投稿者:原井メール  投稿日:2009年 1月14日(水)19時29分21秒
  1月10日の土曜日に東京,飯田橋セントラルプラザ10階・東京ボランティア・市民活動センターで,「東京OCDの会」の立ち上げ会がありました。

熊本のOCDの会とどうつながるか,という話になりました。
私としては,熊本の会とは別にではなく,現在のOCDの会の世話人が熊本にいる,という思ってほしいと希望しています。
今の世話人が,市民フォーラム,研修会を行う,ホームページの管理,そうしたことを行うサービスオフィスを組織しているという感じです。

東京の話し合いでは,つぎのような意見が目的に関してでてきました。
1 患者のフォローをする
2 名古屋の会と同じ(大半の方が名古屋の会に参加したことがある)
3 家族が相互にサポートする
4 新しい患者が来たとき,その人が行動療法がやろうと思うようになる
5 日常のコミュニケーションが上手になる
6 オープンな言い放し,聞きっぱなし
7 治療者のネットワークをつくる
8 OCDの会の事業に協力する
9 ACTを勉強したい(アラワンさんの意見)
10 診察指導しないゾ(原井の意見)
 

独我論と離人症

 投稿者:アラワンメール  投稿日:2009年 1月 6日(火)18時13分50秒
  『ワークブック』 p.137, l.31
<<人によっては,この感覚はとても恐ろしいものに感じられます。それは,すべての実在が失われ,無と化していくような感情をもたらすからです。>>

このくだりを読んだ瞬間、哲学用語の「独我論」、心理学用語の「離人症」が想起されてしまいましたが、勘違いでしょうか。
 

論理

 投稿者:アラワンメール  投稿日:2008年12月27日(土)11時33分21秒
  ワークブック p.67, l.1 にある「……。ということは,逆に,……。」という推論は論理的にすでに (「思考のトラップ」云々以前に) 誤りです。しかし、他の読者がここのところの質問に答える愉しみを奪わないように、説明は控えます。私は論理学の初歩を知ってるゾとひけらかしたかっただけでーす。  

文の構造と意味

 投稿者:アラワンメール  投稿日:2008年12月26日(金)17時48分10秒
  ワークブックの序文を読んでからというもの、ことばのことばかり考えてます (嘘) 。

さて、基本的には文の構造から意味が定まると思っています。しかるに、とくに知的に高度な文章では、逆に意味や文脈によって文の構造が決定されることが少なくありません。しかし、 私のように脳のバッファー (ワーキング・メモリー) の容量が極端に小さいと、そのような文は再読三読しないと理解されません。文の暫定的構造と暫定的意味の間を行ったり来たりしないとならないから。それを「難解」と誤解してしまったりします。

武藤先生にメールするとすると、「もっとやさしい文にしてください」というクレームになってしまいそうです。ただし、第 5 章まで読み進めましたが、これ以外にはむつかしい文には出くわしてません。

# わーい、ほんとにサンタさんだ。たのしそうだなあ。
 

レンタル掲示板
/46