teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re:拝見しました

 投稿者:きみ  投稿日:2017年10月14日(土)06時18分33秒
  鈴木さん、おはようございます。ご覧いただきありがとうございました。

長崎電軌の全体的な印象として、おしゃれな電車だなあと感じました。
起伏の多い地形、曲線美の旧型電車に少しだけ異国を感じました。

「坂とカーブ」粘りました。深夜になっていたので車は少なくなってましたが、坂の下が歓楽街なので客待ちのタクシーはいかんともしがたく。
「暮れるころ」ギラの時間ずっとここにいて、近くのラーメン屋で食事後再び夜景の撮影に・・。
「ガード下の併走」シャッター速度を稼げる条件ではなかったのですが、正面勝ちなのでどうにかなりました。車の方が速いので、車を手前に引き付ければブレた車と止まった電車の組み合わせにできないかと思いましたが、アングルが不自然になるのでやめました。
 
 

拝見しました

 投稿者:鈴木@途中下車  投稿日:2017年10月12日(木)20時16分33秒
  こんばんは。
長崎では天気にも恵まれたようで上々の成果があがりましたね。

前回も広角で後続車入れて運転台を撮ったカットなど印象的でしたが、今回は長崎の地形、線形をうまく生かして長崎ならではの絵が並んだように感じます。

「坂とカーブ」、赤く照らされた車体と輝くレール、お見事です。なかなか思うようにいかない路面電車の撮影、これをものにするのに結構粘ったのでは?
「暮れるころ」、影の中に浮かび上がる電車、光る架線、傾いた光をうまく切り取った秀作です。
「ガード下の併走」、ここは面白いですよね。シャッタースピードの選択も適切で電車もしっかり止まってます。
 

更新のご案内

 投稿者:きみ  投稿日:2017年10月 9日(月)19時16分48秒
  トップ5枚の写真を入れ替えました。今回のテーマは「長崎電軌の景色」
前回に続き長崎電軌がテーマです。路面電車はならではの特徴的な景色に出会うことがおおいですが、ここ長崎電軌でも急峻な地形からくると思われるちょっと変わった景色に出会うことができました。

「旅行記」コーナーに長崎電軌の記事をアップしました。併せてご覧くださいませ。
 

更新のご案内

 投稿者:きみ  投稿日:2017年 9月22日(金)04時53分47秒
  トップ5枚の写真を入れ替えました。今回のテーマは「長崎電軌~面構え」
洒落た街並みにどっしりとした風格をみせる長崎電軌の旧型電車。今回は旧型電車のお面辺りに注目してみました。

今回もトップのみの更新です。
 

Re:拝見しました

 投稿者:きみ  投稿日:2017年 9月17日(日)18時49分55秒
  鈴木さん、こんばんは。ご覧いただきありがとうございます。
山陽電鉄では無骨なアルミ車がスター的存在ですが、地味な魅力がじわじわといった雰囲気でたまに足を運んでいます。

「橋梁をゆく」何回か失敗してようやくパターンが掴めてきたところでアルミ車登場。ツイてました。
「踏切通過」警報機柱を入れるとなんだか上手くフレーミングできなかったのでとりあえず外して・・警報機柱の陰は嬉しい誤算でした。
「案内表示」そう、階段の絵が可愛いです。上る人と下りる人の両方が描いてあって、なんとも律儀です。
「夕景」こんな色合いの夕日に出会うと、いよいよ秋だなあと思います。

あらゆる物が被写体に化けるのは、やはり光あってのものだと思います。
現在、雨戸を打ち付ける強風の音を聞きながら自宅待機中・・。

 

拝見しました

 投稿者:鈴木@途中下車  投稿日:2017年 9月17日(日)09時07分23秒
  きみさん、こんにちは。
山陽電鉄、馴染みの薄いところだったのですが、アルミ車がいるうちに行ってみたいとは思っています。

「橋梁をゆく」、これは爽やか。14mmの効果もあるのでしょうが、いいところです。
「踏切通過」、警報機を影だけで見せたところはうまい。無塗装車体が影のコントラストを強調しましたね。
「案内表示」、後半はきみさんワールドですね。(笑)行燈式の表示板、階段のピクトグラムがいい感じです。
「夕景」、夏の夕方のホームの風、残る暑さが思い出されます。

ちょっと掘り下げれば被写体はいくらでもあるということを改めて実感。
まずは撮りに出なくちゃね。といいつつ雨の3連休、家でうじうじしています。(笑)
 

更新のご案内

 投稿者:きみ  投稿日:2017年 9月 8日(金)07時23分7秒
  トップ5枚の写真を入れ替えました。今回のテーマは「山陽電鉄寸景」
厳しい暑さは残るものの日差しに秋を気配を感じるころ、休日に訪れた山陽電鉄の駅は静かな場所だと感じました。

相変わらずトップのみの更新です。
 

Re:拝見しました

 投稿者:きみ  投稿日:2017年 8月29日(火)05時27分36秒
  鈴木さん、おはようございます。ご覧いただきありがとうございます。

「夕暮れの」紀ノ川周辺は広大なので夏に徒歩だと厳しいかと。この写真の撮影場所からは南海の紀ノ川駅とJR紀和駅が大体同じ距離くらい。遠かった・・。
「小さな橋梁」たまたま見つけました。ふと足元にあったという感じです。
「デットヒート」狭い通路上に自転車がひしめき合っているのは、私も少し異国を感じました。水牛までは連想しませんでしたが(笑)
「巨大トラス」レーシングの件、言われてみて確かに。現場では並行している道路橋から撮るのですが、「なんか雰囲気変わるよなあ」と橋上を行ったり来たりしました。鉄橋が空に抜けるポジションを選ぶことはもちろんですが、鋼材の見え具合も影響していたのかもしれません。
 

拝見しました

 投稿者:鈴木@途中下車  投稿日:2017年 8月28日(月)21時27分6秒
  きみさん、こんばんは。

「夕暮れの」、淡い夕焼けと電車の窓の灯りがいいです。私も今年の夏に行ったのですが、暑さに負けて夕暮れまで粘らずに撤収してしまいました。こういう絵が撮れたのか、惜しいことをしました。
「小さな橋梁」、2枚目、圧倒的な緑の中に覗く赤レンガ、いいですね、好きですね。
「デットヒート」、なんか中国とかベトナムとかの雰囲気。川には水牛がいそうです。(笑)
「巨大トラス」、ここも行きましたが普通に撮ったのでは橋の巨大さが伝わらないと感じました。いかに切り取るかが大事ですね。シルエット気味にしたことで鋼材の向きによってレーシングが見えたり見えなかったりがわかって面白いです。

 

更新のご案内

 投稿者:きみ  投稿日:2017年 8月24日(木)05時17分54秒
  トップ5枚の写真を入れ替えました。今回のテーマは「橋梁各種」
列車に揺られていると何気なく通過していく橋梁。車窓からは気づかない色々な姿があることに気づかされます。こうして5枚だけ並べてみても5種5様です。

今回もトップのみの更新です。
 

レンタル掲示板
/61